借金というと取り立て屋が怖いイメージがある

最近になって、とある金融のドラマと漫画を見ました。そこで質問なのですが、借金をした際の取り立て屋ってあんなにも怖い取り立てばかりするのでしょうか?サラリーマン金融でさえ、えげつない・・・というふうに聞いたので本当か?と思っているのです

昔は怖いイメージがあったというくらいです

現在では、取り立てについても法律で守られているところがあるのをご存知でしょうか?それもあるので、取り立て屋で怖い対応をするというのは、将来的には取り立てが難しい状況を自分で作っているのと変わらないのです。例えば、「○日までに返せなかった場合はどうなるか・・・」のような脅し文句がありますが、今ではヤミ金業者くらいしか電話では言ってこない状態です。

サラリーマン金融については、債権の回収が難しくなるまでは取り立て屋というものを利用しません。また、一般的な借金の取り立て屋というのは、「債権回収部門」に依頼されて回収がされるだけです。なので、電話においても「今のところ、借金返済が苦しいようですがプランの組み直しを検討されますか?」と、優しい声で案内をしてもらえるようになっています。

このような金融業者の変化を知らないと、そもそも銀行でもサラリーマン金融でも怖いと感じる人は多いでしょう。ちなみに、取り立て屋などが家にまで訪ねてくるというものがありますが、こちらが訪問を断っているのに来た・・・という場合には、単なる不法侵入として扱ってもよいのです。現代では、無理に相手の家に上がり込むというのは、法律上では問題とされておりますし、取り立て屋もそのようなトラブルを起こさないように注意されています。

借金の返済で取り立て屋はいるのでしょうか、悪質な取り立ては違法

あなたが融資を受けたお金の返済が滞ったらどうなると思いますか?取り立て屋と言われる頬に傷のある怖い人が取り立てに来るかもしれませんよ。実際はどうなのでしょうか?違法な借金の取り立ては貸金業規制法で制限されています。いろいろな規制が決められましたが一般的に分かりやすい内容としては、例えば昔のように夜中の取り立てができなくなりました。

夜中と言うのは夜の9時から朝の8時までです。具体的にはこの時間帯での訪問の禁止、電話、電報等による取り立てなどです。また夜間に加え日中の執拗な取り立て行為が規制されました。昔は深夜まで家に来て大きな声で金を返せコノヤローとか、返さないと殺すぞとか、腎臓を売れ、二つあるから一つ売れなどと言うことが平気で言われてきました。

当然のことですが、お金を貸した方としては返してもらわないと経営ができなくなるので返済の督促はされますが貸金規制法で制限されたのでもう今までのような無茶なことはできなくなりました。じゃあ借りた方はごめんねと言ってそれで済むのかと言うとさにあらず、返済が免除されたわけではありません。規制法の範囲内で返済の督促は最初のころはソフトな対応ですがだんだん頻繁に連絡をしてくるようになります。

言葉使いも強力になって行きます。規制法の範囲であれば可能ですから、あなたも怖がってばかりいないで早く返済の方図を探った方が良いのです。そもそもお金を借りる時点で返済が可能かどうかよく考えてから借りるのが筋です。とは言うもののそんなことを考える暇もなくお金が必要だったというのではもう自己破産しかありませんがそれは最終手段です。

無料法律相談などを受けて悲惨な状態にならないように気を付けましょう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 ※不安払拭※カードローン審査は怖くない!金融会社紹介サイト All Rights Reserved.