無職でもローンの審査が通ると聞いたのですが本当でしょうか?

金融のチラシを新聞の折込チラシとして見ることがあったのですが、ローンの審査において「無職でも審査可能」とあるのはなんなのでしょうか?これは無職でも審査可能なだけでなく利用まで通常通りで可能という意味でしょうか?

理解のとおりで問題ございません

まず、金融のチラシなどに書かれている「無職でも可能」というのは、事故歴のない利用者であった場合です。ローンの審査において、事故歴があった人だと、どこのなんという業者なのかまでわかるようになっています。それがあるので、無職でも可能となっているのです。また、どうして無職(収入がない)のに貸してくれるのか?というと、次のような方法で取り立てが可能だからです。

1つは「保証人ありの状態でローンの審査」をするというものです。そのままですが、無職の人(契約者)が払えなくても、保証人が払ってくれる仕組みになっていますし、契約上では法律に抵触していない借入なので、特に問題もなく利用することが可能です。ただ、通常のローンと比較するとローンの審査で通りやすいというメリットがあるので、多くの人が最近では利用されてもいます。

もう1つは「担保ありの状態でローンの審査」をするというものです。こちらは、担保として自動車であったり預金などを審査においては利用する・・・というものです。なので、担保によっては通常のローンよりも「条件が良い」状態でカードローンが組めるようになっています。ただ、キャッシングローンではありませんので、金額が高いといっても100万円未満のものが多いと理解しておいたほうがよいです。

無職の人でもローンの借り入れ審査は条件次第で通ることがあります

勤務先のリストラで失業状態のCさんは毎日ハローワークで就活中です。家族がいるので早く仕事につかないといけないのですが、なかなか良い仕事がありません。生活費に困りカードローンを利用しようと思いましたが、銀行などでは職についていないと審査に通りません。いろいろ調べてみると無職でもカードローンを利用できることがわかりました。

どうしたら良いのでしょうか?失業保険を受給中でもアルバイトはできます。ちゃんとハローワークに届けないと受給資格の喪失の可能性があるので注意が必要ですが、就活をしながらでもできる程度のアルバイトやパートをしているとカードローンの審査の「安定した収入がある」とみなされるケースがあります。ただし配偶者に収入のあることが求められるので奥さんにも働いてもらいましょう。

ちゃんとした仕事を見つけるまでの口しのぎですから資格のいらない簡単なアルバイトはタウン誌などでも見つけられます。でも私はアルバイトなんかいやだという方にとっておきの裏技があります。派遣会社に登録しておくと在籍確認は派遣会社に行くので審査はオッケーです。しかし重要なのは勤務実績なので3か月から1年の勤務実績か勤務予定が必要ですそういう条件で宣伝しているところを探せばきっと適当な業者が見つかります。

無職でも借り入れできるということは主婦や学生でも借り入れできる業者もあるということです。そうして食いつないでいきながら早期就業するのが一番良いですね。そうしないとせかっく借入できた借金を返せなくなっては元も子もないですから。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※不安払拭※カードローン審査は怖くない!金融会社紹介サイト All Rights Reserved.