彼女にお金を借りる際にカードローンでお願いすると?

ちょっとした都合で、彼女にお金を借りる状況になったのだけれど、カードローンで自分がお金を借りた際って「別口」みたいな感じで借りられないかな?

契約者に支払責任が発生するようになります

質問者様は、できれば自分が借りた分は支払いたい・・・という考えかと思います。ですが、カードローンは性質上でそのような利用ができないようになっています。例えば、カードローンの部分譲与のようなものはできません。なので、50万円から10万円だけを借りる形でカードローン利用となると、カードローンの利用合計額が10万円だけ加算される結果となります。

次に、カードローンを別に作って、そのような目的のものを用意するというのも不可能です。カードローンは、多くのプランがありますが「個人の購入目的」としてキャッシング利用されるようにしかできません。なので、お金を貸す→お金を彼女に返す・・・といった利用しかできないと思っておいてください。もし、彼女にお金を借りる際にカードローンのようなものを通じて借りたいというのであれば、契約の際に保証人になってもらうのが理想です。

ただ、そのような状況だとずいぶんと面倒でもあるし、関係によってはわかりづらいです。そのため、現代ではカードローンを自分で作っておき、さらに保証人を作るような形で増額融資を受けるというのが理想かと思います。このようにすれば、カード契約者は質問者様となり、増額分については保証人が彼女となりますので、支払いを終えてしまった後については、増額融資分についても設定で利用不能としておくだけで問題が発生しづらいです。

彼女にお金を借りる人はあなたのことを信頼してるから?

彼女にお金を借りる人はいるのでしょうか?そんなことできるか!とおっしゃる大正生まれのおじいさんもいらっしゃるでしょう、今の若い人はどうでしょうか?気軽に貸してちょうだいと言うのか?あなたは彼氏さんからお金を貸してくれと言われたことはありませんか?

金額にもよりますが少しぐらいならと、貸してあげることもあるのでは?でもどうしてちゃんと仕事をしている彼氏さんがお金に困っているか考えていますか?何か私に言えないことでもしているんじゃあ?とも思いますね。大した金額でなければ貸しても良いように思うけれどやはりお金はお金ですからまずは、何に使うのか?

それは確認が必要です。またどうして自分に言うのか?他に借りる人はいないのか?ふつうは銀行や、はやりのキャッシングにカードローンなどいくらでもありそうですからね。それに親だってまだまだ元気なんだから頼めばいいじゃないかと。そこまで行って初めて彼氏さんから、もうすでにあちこちから借りすぎていて業者からはブラックになっているとか言うことを聞かれるかも知れません。

カード破産になっているかも、また金利が付くからキャッシングはしたくないとかいうのであればもうあなたの彼氏の立場から降板すべきです。あなたのことを都合のいい女としてしか見ていない証拠です。それであっても、なおあなたが彼氏さんに貸してやろうという気持ちがあるのであればせめて、いつ返してくるのか、返せるあてはあるのか、それを確認しましょう。

パチンコで勝ったらとか、宝くじが当たったらとか遺産が入ったら等々、即バイバイです。こんな人にお金を貸すこと自体がその人に対して甘やかすことになりいつまでも誰かに頼って生きる人生を歩むことになるのです。どうですか?それでも私は貸してあげるわ、はいどうぞどうぞ、その時はもうお金は戻らないものと考えた方がよさそうですね。

彼ともお金ともバイバイです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※不安払拭※カードローン審査は怖くない!金融会社紹介サイト All Rights Reserved.