カードローンの審査ですが勤続年数は関係がないのは本当?

以前に、カードローンの審査について学んだのですが、勤続年数というのは無意味なのでしょうか?ネットなどに掲載されていた情報で、掲示板のものだったので真偽がわからない状態です。

勤続年数は大きな意味がありません

どうしても、カードローンというと審査で勤続年数を使っているイメージがあるかと思います。ですが、過去ではサラリーマン金融などで勤続年数が大事にされており、多くの人がそのサラリーマン金融を利用されていたので、口コミなどで「勤続年数は絶対に重要」となっていただけです。つまり、過去の産物となっているのが勤続年数というステータスです。現代では、勤続年数は1年以上・3年以上で扱いが違う程度になっていたりします。

ちなみに、どうして勤続年数は1年以上・3年以上で分かれているのか?というと、今ではサラリーマン金融などでも大きなローンも組めるようになっているからです。そのような理由で、大きなローンを組む際には3年以上という特別な基準があると理解しておいてください。次に、勤続年数以外でなにが重要なのか気になるかと思います。特に重要なのは、他社からの借入となりますので、借金にだけはご注意ください。

例えば、カードローンの審査に通るために、他のカードローンの借入額を減らしておくのは重要です。現代では、借りている金額で嘘のものを記入しても信用情報機関の情報でバレるようになっています。また、サラリーマン金融などを積極的に利用されていると、審査上では悪い評価となる場合が多いです。このような背景もありますので、銀行とサラリーマン金融を同時に利用されているのであれば、まずはサラリーマン金融のものを率先して返済していきましょう。

カードローンの申し込みでは勤続年数が長いと審査に通り易くなります

カードローンの審査を受ける時、勤続年数はどの程度評価されるのでしょうか?長くないとだめですか?収入があれば勤続年数は関係ないじゃないかと思われますよね。それでは実際の審査を見てみましょう。金融機関は融資相手からきちんと返済されることが絶対条件です。それを担保されるために安定した収入があることが必須となります。安定した収入があるということはやはりある程度の勤続年数が必要ということになります。

ではどれぐらいの勤続であれば良いのでしょうか?各金融機関の審査内容は公表されていないのではっきりとはわかりませんが、一般的な会社員であれば1年間以上、自営業であれば年以上と言われています。先ほども書きましたように勤続が短くても収入が多ければよいじゃないかとも思いますが、金融機関としては今の収入がいつまで続くのか保証が難しいのでどうしても姻族年数が基準となります。

特に日本ではまだまだ転職は少ないのが現実ですから短期的な高収入よりも一定の収入でもよいので安定さが求められます。金融機関、特に銀行は何事にも固いことで有名です固いということは安定を現わします、その安定を保つために優良な顧客への融資が必要であるわけです。そうは言うものの融資の基準は勤続年数だけでもありません。結局返済能力さえあれば良いのですがその返済能力を簡単に表すのが同じ所への勤続の長さとなります。

勤務先が大手であればそれに越したことはありませんが、中小企業や町工場の規模であっても長く働く続けることが金融機関、特に銀行への信用度合いを現わすとみて間違いはありません。石の上にも3年と言います。カードローンを使いたいと思ったらあまりあちこちの会社に変わらないことが求められます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 ※不安払拭※カードローン審査は怖くない!金融会社紹介サイト All Rights Reserved.