銀行のローンで厳しい審査結果が多くて悩んでいます

友達から銀行のローンに借換したら?と言われました。かなりローンについては迷っている状況なので、手当たり次第でカードローンの借換を銀行で相談しているのですが、審査についてはずっと落ちている状況です。なにがいけないのでしょうか?

審査が多すぎても消費者金融が多すぎてもいけません

銀行は、ノンバンク(消費者金融など)ではありませんので、信用情報機関については多くの機関を利用しています。そのため、借りる側がどのような状況にあるのかについては明確に理解されていると思っておいたほうがよいです。例えば、こちらが借換で50・100万円と2つのパターンで審査をされても、「銀行のローンはサラリーマン金融を使っていると審査で落ちやすい」ままとなります。

実際にサラリーマン金融を利用していると、信用情報機関では「サラ金の利用○件」のような記録となってしまいますし、後になってそのようなことを言っても審査通過とはなりません。また、このような状況に陥るとどこかで貸してもらえないか?という感じで、何度も審査される人がいたりします。ですが、そのように審査が多い状況だと信用情報機関にまた登録されるだけです。

今度は、「多数の審査で落ちている」というのが登録されていきますので、銀行のローンでは余計に通らなくなると思っておきましょう。また、現在ではどこも審査通過とならずに困っている様子ですが、一度、メインバンクとして利用されている銀行があるのであれば、借換の相談をされるとよいです。もしくは、銀行のローンのためにサラリーマン金融などのローンを減らしておくのも1つの手段となります。

銀行でローンの申し込みをすると審査が厳しい事に気が付きます

4月からの消費税増税の準備は済んでいますか?買い置きをしておきたいけど先立つものがない!そういうときは消費者金融のキャッシングを、と言いたいところですが、いやいやちょっと待ってください。ただでさえ高金利のキャッシングなんかしてたら増税の3%なんかすぐに吹き飛んでしまって何をしていることかわからないですよ。

もっと高額な車や住宅の銀行ローンは金利も低くて返済がしやすいですね、しかしここでもちょっと待ってコールが。銀行では金利は低いが審査の壁は高く厳しいのです。どうしたら信用があり低金利の銀行ローンの審査をかいくぐれるのでしょうか?まずは借り入れをしたい銀行の口座を作りましょう。そして給料の振り込みや公共料金、家賃の引き落としをその口座で手続きします。

手続きは同じ支店が良いかも知れません。ローンの申し込みをするときもいろいろその銀行の支店を使っているという証明になります。あとの諸条件は年齢が20歳~66歳未満、最終返済時の年齢が71歳未満であること。勤務先での勤続年数の長さ、直近一年間の年収が200万以上であり、継続することなど。ほかには他の業者からの借り入れがあるかどうか、高額なクレジットの残債の有無。

これらをクリアできなければ銀行の壁はますます高く立ちはだかることでしょう。でも一つ一つ見ていけばできることも多いですね、普通に会社に勤めていて給料が出ていて年収が200万以上あるなどということはハードルはそう高くないようです、レッツトライですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※不安払拭※カードローン審査は怖くない!金融会社紹介サイト All Rights Reserved.